波形手すりキッククネットとは            設置事例              図面ダウンロード

 

 

波形手すりキッククネットとは

 

波形手すり「キッククネット」は、

                 ヒトを安全にやさしく支えるための手すりです。

 

手すりを持つ手の動きや角度を徹底的に追求し、「取っ手」のように使える垂直部と、「杖」のように使える水平部を連続させた波形のカタチになりました。まっすぐな手すりと比べて握った時の手首の角度が自然なため、握り込みやすく、滑り難い設計です。

 

   

   

 

 

波形手すり「キッククネット」の使い方&直棒との比較

 

 

利用者の約80%の方から「キッククネットは使いやすい」の評価をいただきました。

キッククネットでは、波形手すりの効果測定を行うために、大学の協力を得てアンケートを実施しました。

 

日本が、世界が認めた、やさしいカタチ。

 

「バリアフリー新法」の

国土交通省ガイドラインに適合しています。

2006年施工されバリアフリー新法のガイドラインでは、『キッククネット』1段の設置で、2段手摺りと同等以上の機能を有するとして、設計標準の適合商品となりました。

 

 

 

 

        波形手すりキッククネットとは            設置事例              図面ダウンロード